公演チケット
商品番号 P014291

【WEB限定】国立能楽堂5月普及公演 二人大名 浮舟<国立能楽堂>

  • thumb01
  • thumb02

《WEB限定販売》
 

国立能楽堂5月普及公演 二人大名 浮舟



国立能楽堂の普及公演は事前の解説がついて能楽入門にぴったり!
全席に日本語と英語で、詞章と解説が表示される字幕機がございますので、初めての方にもわかりやすくご覧いただけます。
5月11日は『源氏物語』の薫と匂宮、二人の貴公子の間で板挟みとなったヒロインの心の内を鮮やかに描き出す、能「浮舟」を上演いたします。

解説・能楽あんない「「浮舟」のドラマトゥルギー」 河添 房江(東京学芸大学教授)


狂言  二人大名 善竹大二郎(大蔵流)
<あらすじ>
一人の大名がもう一人の大名を誘って外出します。二人は供を連れてこなかったので、通りがかりの男を脅して供に仕立て、無理やり太刀を持たせます。
大名たちが満足しながら歩いていると、怒り出した男が急に太刀を振りかざし、二人の小刀を取り上げます。
そして、まず鶏の蹴あいを真似させ、二人の着物を奪うと犬の噛みあいのまねをさせます。さらに男は二人の姿が起き上がり小法師に似ているといって、小歌を謡いながらまねをするよう命じます。
二人が繰り返しまねをしているうちに、男は奪ったものを抱えて立ち去り、あわてて二人はあとを追います。


能 浮舟 長島茂(喜多流)
<あらすじ>
大和の初瀬から都に向かう僧が、宇治の郷で柴積み舟に乗った女に出会います。
僧に問われた女は、昔ここに光源氏の子、薫中将に愛された浮舟が住んでいたが、浮舟は朱雀院の子、匂宮にも愛され、どちらも忘れられずに悩んだ末、行方不明になったことなどを語り、救いを求めて姿を消します。
小野の里で読経する僧の前に浮舟の亡霊が現れ、憑き物の風情をみせ、横川の僧都に助けられたことを語り消え去ります。

*字幕付(日本語・英語)


●日時
5/11(土)13:00開演

●会場
国立能楽堂(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1)

●席種
正面席 4,900円


【ご注意事項】
※未就学児入場不可
※営利目的の転売禁止
※お席は指定できません。配席は主催者に一任いただきます。
※予定出演者ですので変更になる場合がございます。
※チケットを紛失・破損・破棄された場合の再発行、ご返金等の対応は出来かねますので予めご了承ください。
※チケット郵送のため別途700円手数料が必要となります。
※チケットは開催日の3日前までの間にお届けいたします。到着までしばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。


ツアー詳細

テーマ 公演チケット  特集 歌舞伎・落語チケット 
商品番号 P014291 口コミ
開催時間 12:00~16:00  エリア 四谷・新宿・高田馬場・早稲田 
料金  4,900円~(チケット代)
スケジュール
  • 12:00:開場
  • 13:00:開演
最小催行人員 1名様より
集合場所
  • 国立能楽堂(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1)地図

出発日カレンダー"申し込みへ"をクリックすると申し込み画面へ進みます

お申し込みは、開催日の60日前までになります。

     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
大人 ¥4900
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

印刷する

お問い合わせお申込み・お問い合わせはお電話でも承っております

お電話でのお申込み・お問い合わせはこちら

number phone

株式会社ポケカル

〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町20-1 アンソレイエ・オオタ 5F

東京都知事登録旅行業第2-6811号
(社)全国旅行業協会正会員

営業時間 ポケカルお客様センター 9:00~18:00 年中無休

インターネットでのご予約は24時間365日受付ております。

ご確認・ご注意事項

※「受付終了」の場合もご案内可能なご日程がある場合がございますので、お客様センターへお問い合わせください。キャンセル・変更については、お客様 センターまでお電話にてお問い合わせください。(キャンセル規約はこちら)当社の個人情報の取り扱いに関する詳細はこちらの「個人情報保護方針」を ご覧ください。

特集全ての特集を見る

    ポケカルおでかけ通信全てのポケカルおでかけ通信を見る

    ポケカルツアー動画